RECIPE『料理レシピ』

新月の日に行うデトックス ~小豆粥のつくり方~

こんにちは。
先日の乙女座新月の日に小豆かゆを食べました。
1年前頃から月と体と心は繋がっているなあと感じる事が多く、
特に小豆を新月の日に食べるとデトックス効果が高いと聞き実践してみました☽

月と体の関係

地球の70%は海でできていて、私たちの体にある水分は約80%。
地球は月の引力に引っ張られて満月の日は満潮になったり、
私たち人間・動物達も引力に引っ張られて、出産が多かったりします。

新月の日の体調

月のスタートは新月。
月は目に見えないけれど強い引力が働いていて、
デトックス効果が高いと言われています。
岩盤浴やヨガに行き、たくさん汗をかいたり、
小豆やアボカドなどを食べるとデトックス効果が高まります。

満月の日の体調

満月の日は海も満潮になります。
私たちの体も海と同じで、水分を体の中に溜め込みやすくなり、
満月のようにまん丸とむくみやすくなってしまいます。。
ですが!!栄養も蓄えやすくなっており、
満月の日にエステやヘッドスパなどをすると美容成分を蓄えやすくなります〇

小豆粥のつくりかた


小豆はデトックス効果があり、
新月の日に食べると効果が加速、
満月の日に食べると栄養が吸収されやすくなるということで作ってみました!

材料

(1人前)
・小豆 20g
・小豆をゆでた汁 200ml
・塩 2つまみ
・炊いたごはんお茶碗少なめ 1杯
・ごま塩 お好みの量

レシピ

①小豆3~4倍の水と小豆を鍋にいれ、沸騰させ、小豆をザルにながします。
(※お湯は捨てます)

②小豆3~4倍の水と①の小豆を入れ、
ぐつぐつしてきたら、弱火にし20~30分小豆が柔らかくなるまで煮ます。
③柔らかくなったら、小豆と小豆をゆでた汁に分けます。

④小豆をゆでた汁+炊いたごはん+塩を入れ沸騰したら、
小豆をいれ約1~2分ゆで完成です。

ゆで小豆のアレンジ

ゆで小豆を小分けにし、冷凍しておくと、
かぼちゃのいとこ煮や小豆ごはん、デザートにも使えるので便利です。
小豆のゆでた汁は小豆茶にもなります。

最後に


日本には昭和初期まで、
旧暦1日と新月と15日頃の満月の日に小豆を頂く風習がありました。
あずきの赤は生命のシンボルと言われるほど、栄養が豊富です。
月と体の仕組みを知り、生活に取り入れていきたいなと思いました。

 

 

ABOUT ME
おさかなさん
『ヨガ』と『体に優しいデザートレシピ』をメインに発信中!目標は100歳まで元気に生きる事!日々サットヴァの質を高める為に研究しています。