食事法

【栄養士解説】白砂糖は体に悪いって本当?5つの理由と改善策

こんにちは😄
ヨガ栄養士のUOです!

ダイエットしたい人
ダイエットしたい人
白砂糖って何で体に悪いんですか?白砂糖の代わりになる砂糖はありますか?

こういった疑問にお答えします。

■こんな方におすすめの記事です
・甘いデザートをやめたいけどやめれない方
・ダイエットしている方
・最近なんだか疲れやすい方
・自分らしく毎日を過ごしたい方
・肌荒れ対策したい方

【栄養士解説】白砂糖は体に悪いって本当?5つの理由と改善策

グラニュー糖や上白糖が
体に悪い理由のひとつとして

血糖値が上がりやすく太りやすい
という特徴があります。

グラニュー糖や上白糖の主成分は
ショ糖という糖です。

このショ糖の割合が大きいほど、
「体への吸収」がかなり早いです。

吸収が早すぎると血糖値が急上昇!

急上昇した分、
肥満疲れやすくなる原因となります。

 

ヨガ栄養士UO
ヨガ栄養士UO
白砂糖が体に与える負担を5つまとめました!

白砂糖が体に悪い5つの理由

①太りやすくなる

白砂糖を食べすぎると、
糖質が脂肪に変わります

白砂糖により血糖値が急上昇。

血糖値が上がった分、
糖質を脂肪に変えるホルモンが分泌されます。

その結果、脂肪の合成が進み
太ってしまいます。

②イライラの原因

興奮ホルモンがたくさん出動し、
イライラしやすくなります。

白砂糖を食べすぎると、
血糖値が急激に上がって、下がります。

体は正常な血糖値に戻す為

興奮ホルモン(アドレナリン)を出動させます。

興奮ホルモンを出し続けてしまうと
些細な事でイライラしやすくなります。

③疲れやすくなる

白砂糖は低血糖になりやすいので、
からだはだるく、疲れやすくなります。

低血糖になると、、

☑脳の活動STOP
☑肝臓の働きが低下

☟その結果、

エネルギーが作れなくなり、疲れてしまいます。

④胃腸の働きを低下させる

糖が胃にはいると、
ピタリと動きが止まり、
胃の働きを低下させます。

(糖反射といいます)

近年、東京大学による研究で、白砂糖が胃の中に入ると、蠕動運動()が最低でも15分、長くて1時間ストップしてしまうことが明らかになりました。
※蠕動運動:腸が食べ物を先へ押し出していく動きのこと。

例えば、、

白砂糖がたくさん入った、
お菓子菓子パンを夕飯前に食べたとします。

糖により、胃の働きが止まっているので
夕ご飯を食べた際、
消化・吸収が中々進みません

肥満や便秘や下痢、冷えの原因となります。

⑤肩こり・首こり・動悸の原因

白砂糖により低血糖になると
体は危機感を感じて、
血糖値をあげようとします。

その時に血糖値をあげるホルモン
アドレナリン・ノルアドレナリン
というホルモンが分泌。

このホルモンが分泌すると
からだは緊張し、力が入ります。

肩こり、首こり、動悸の原因となります。

 

【改善策①】白砂糖の代わりにおすすめの砂糖!

砂糖を選ぶ時のポイントは
GI値が低いものを選ぶ事!

■GI値って何?
食後の血糖値の上昇がどの程度かを測定した値。GI値が70以上になると血糖値がかなり上がりやすいです。

おすすめは「てんさい糖」

★おすすめ理由
☑他の砂糖に比べてGI値が低い
☑スーパーで手にはいりやすい
☑どんな料理にも使いやすい

▲デメリット
☑白砂糖の倍のお値段。

ヨガ栄養士UO
ヨガ栄養士UO
サプリメントを買ったり、高い化粧品を買うと考えると安いかも😋とも思います。

砂糖を沢山使う料理におすすめ
「ラカントS」

★おすすめ理由
☑GI値「0」!!!
☑ダイエットにかなり効果的。

▲デメリット
☑600gで約1800円

ヨガ栄養士UO
ヨガ栄養士UO
私は砂糖の使用量が多い、お菓子作りに使っています!甘いデザートを食べても、太りにくくなるのでおすすめです!

【改善策②】ヨガで代謝UP!

ヨガをして
筋肉をほどよくつけ、
血の巡りを良くすることで、
代謝がよくなります

代謝がよくなると、、、

☑糖質の代謝がよくなる
☑身体を温めて内臓の働きをよくする

ダイエットや肌荒れ対策など
嬉しい効果があります!

まとめ

白砂糖が体に悪い5つの理由
①太りやすくなる
②イライラの原因
③疲れやすくなる
④胃腸の働きを低下させる
⑤肩こり・首こり・動悸の原因

デザートや菓子パン、清涼飲料などで
白砂糖を食べ過ぎると、

肥満、ストレスなどが起こりやすくなり、
体に負担がかかります。

体に負担をかけない為には
血糖値を上げない事が大切です。

私がヨガインストラクターになる前。

甘いデザートが大好き&ストレス発散で
毎日食べていました。

そんな日々を送っていた所、

ある日突然、
動悸やめまいが頻繁に起こるようになり、
体が動かなくなりました。

仕事はやりがいがあり大好きでしたが、
体を治す為にやめました。

病院に行った所、
先生から「白砂糖をやめてください
と診断頂き、

白砂糖を極力減らす生活に変えていきました。

完全に治すまでに約2年かかりましたが、

今では動悸、下半身太り、肌荒れが治り、
全く疲れなくなり、
好きな事ができるようになりました!

本当に辛く、悔しかったですが、

健康な体がいかに大切かを知り、

ヨガと食を通して
健康な体を作る方法を
お伝えする事ができるようになったので、

今思うと、良い経験になったのかも!
と思える事が出来ています!

砂糖と聞くと
「デザート」と思いがちですが、

料理によっては沢山使います。
(特に名古屋は甘辛料理が多いので要注意)

☑デザートが大好きな方
☑ダイエット中の方
☑なんだか疲れやすい方

→料理に使う砂糖を変える事をおすすめします!

白砂糖を使う場合は、料理に入れすぎない&食べ過ぎない事を意識しましょう!

体に負担のかからない砂糖を使い
毎日イキイキ!健康な体を維持しましょう!

 

ヨガ栄養士UO
ヨガ栄養士UO
ここまでみて頂きありがとうございます!皆さんにとって笑顔溢れる毎日となりますように!

 

ABOUT ME
おさかなさん
普段はOL。休みの日はヨガインストラクター&カフェ店員。写真を撮ったり、お菓子作ったり、ひとりカフェ巡りしたり、文字を書いています。忙しい毎日の中に、「スローな時間」を取り入れる暮らしを模索しながら、このブログを運営しています。