YOGA『セルフケア』

【ヨガ効果】自立神経って何?乱れるとどうなるの?

おはようございます☀
ヨガ栄養士のUOです!

ヨガをしている人
ヨガをしている人
ヨガの先生が「ヨガは自立神経が整う」って言ってたけど、そもそも自立神経って何ですか?
UO
UO
ヨガ栄養士のUOがその疑問にお答えします!

【ヨガ効果】
自立神経とは?

自律神経は内臓の働き代謝
体温などの機能を
コントロールするために、
みなさんの意思とは関係なく
24時間働き続けている神経
のコト
です。

UO
UO
自律神経はとっても働きものなんです!人生最後の日まで働いてくれます!

この自律神経は2つに分かれます!

【交換神経】活動的な神経!

■どんな時に働く?
☑昼間
☑活動的な時
(仕事やスポーツ、
家事をしている時)

【副交感神経】リラックス神経

■どんな時に働く?
☑夜間
☑ねている時間、ひとり時間など
リラックスしている時

【部位別】
交換神経と副交感神経の違い
~5選~

①心の状態

■交換神経が働いている時
興奮、緊張、闘争、集中
例:仕事に集中している時、
筋トレをしている時に働く
■副交感神経が働いている時
リラックス、休息
例:寝ている時、
ヨガのシャバーサナの後に働く

UO
UO
仕事中に副交感神経が働きすぎると、眠くなったりミスの原因に繋がります。

②胃腸の状態

■交換神経が働いている時
消化が遅くなる
■副交感神経が働いている時
消化が活発に

UO
UO
食後すぐ緊張したり興奮すると消化がスムーズに行われず、太る原因になります(泣)食後はリラックスしましょう!

③心臓の状態

■交換神経が働いている時
ドキドキする
■副交感神経が働いている時
正常の心拍速度

UO
UO
好きな人に会ったり、初めてのデートの時は交換神経が活発になり、心臓がドキドキ♡、緊張している事に気づきます!

④膀胱の状態

■交換神経が働いている時
収縮する
■副交感神経が働いている時
拡張する

UO
UO
大事な面接の前に緊張してトイレに行きたくなる原因は、交換神経が活性化して膀胱を収縮するからです!

⑤肺の状態

■交換神経が働いている時
拡張して呼吸が浅くなる
■副交感神経が働いている時
抑制して呼吸が遅くなる

UO
UO
ハプニングがあった時、心臓がバクバクして、呼吸が早く浅くなる原因は交換神経が活性化するからです!

自立神経が乱れるとどうなる?

☑リラックスしたいのに、
リラックスできなくて寝れなくなる
☑食べ物を食べても消化がスムーズにならない→太る原因
感情がうすくなる
頻尿になる
便秘下痢になる
☑呼吸がずっと浅く、
ストレスがたまりやすい

私たちが心地よく生きていく上で
自律神経を整える事は
かなり大切です!

まとめ

目には見えずとも、
カラダの中を巡る自立神経が

あなたの心身を動かしています

ヨガでは自律神経が通っている
背骨を沢山動かしたり、
呼吸を深くしていくので、
自律神経が整います

ヨガで自律神経整え、
自分らしく生きましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
ABOUT ME
おさかなさん
ヨガインストラクター&栄養士のおさかな(Uochan)です。 日々の生活の中で学んだ事やヨガ・食の豆知識を発信しています。健康な体と心をつくり『人生最後の日』まで好きな事ができる体をつくりましょう♩