プライバシーポリシー

「朝ごはんは食べなさい」【体質改善記録】

心と体の体質改善記録 7日目 2020年2月4日(火)

今日の食事

のごはん

もち麦ごはん
さつまいもとネギとこんにゃくの味噌汁
新じゃがと牛肉の甘辛煮
さつま芋と大豆の煮物
こんにゃくの煮物

昼のごはん

もち麦ごはん
かきとほうれん草の味噌シチュー
前菜盛り合わせ
オレンジ、キウイ

夜のごはん

1週間のみ夕食断食中。

工夫したこと

・砂糖⇒オリゴ糖を使用。
⇒ビフィズス菌生育を促進する作用がある。
下痢便秘を防ぎ、腸内細菌を老化を防ぐ

今日のリラックスタイム

料理の音は癒し

最近見だした、ユーチューバーの人が、
料理の音は癒されますと言っていました。
いつもは意識していないですが、
料理をしている時に聞いてみるとなんだか癒されました。

今日の運動

ランニング=20分
バビラビ=30分
ピラティス=5分
かかと上げ下げ運動=朝晩30回×2セット
完全呼吸=朝昼晩3回×3回

すごく珍しく、有酸素運動がしたい!ってなり、
約1時間運動しました!
汗をかき、血液の循環がよくなり顔色もよくなり
何よりも運動後すっきりして気持ちよかった~(^^)

心と体の変化

心の変化

運動がしたい!と自分から思うように!
ヨガ以外運動大っ嫌いの私が思うなんて驚きすぎました。

体の変化

・体が軽い!行動にすぐにうつせる!
・今日は寒い日で、いつもなら寒い寒いと言っていますが、言っていない
運動効果!運動はまりそう!

今日の学び「朝ごはんは食べなさい」

理由①:より活発に活動する事ができる

朝食を食べたほうが頭の働きがよくなり、体温があがります。
脳の栄養であるブドウ糖が吸収され、脳が活性化するからです。

理由②:体内時計をリセットする効果があります

体内時計は、現代科学の最先端分野です。
漢方の世界では2千年前に書かれた「黄帝内経」に記載があります。

漢方の体内時計は「子午流注」という。

一日を12等分して人体の運行リズムを表したもの。
子午:時刻
流注:体内の血液、エネルギーの流れ

①卯の刻(AM5~7):大腸の時間
便を排泄する事によって体から毒素を出し体を清浄に保つ
②辰の刻(AM7~9):胃の時間
食物の消化がもっとも活発になる為、
この時間帯に食事をすると十分な栄養を吸収する事ができる
③巳の刻(AM9~11):脾の時間
消化、吸収、排泄のすべてをコントロールして血を生み出す源である、
脾の動きが活発になる時間。
栄養素やエネルギー、血液を全身に巡らせる。

自然に備わったリズムである体内時計に基づいて食事睡眠とると、
1日をスムーズに過ごす事ができる

今日は運動を沢山してすっきり!
たのしかった!

ABOUT ME
おさかなさん
ヨガインストラクター&栄養士のおさかな(Uochan)です。 日々の生活の中で学んだ事やヨガ・食の豆知識を発信しています。健康な体と心をつくり『人生最後の日』まで好きな事ができる体をつくりましょう♩